2010年10月24日

あの花屋さんが、愛される理由。.......お花通の著名人が、足繁く通うお花屋さん

フローリスト
□ 2010/10/08発売号



フローリストはどんな雑誌?
 
「フローリスト」は、1984年に創刊され、花にたずさわる人、花に関する仕事を目指す人、一般の花が好きな人に購読されている全国販売の月刊誌です。創刊当時は花の生産、販売、デザインまでトータルに捉える雑誌でしたが、その後フラワーアレンジメントのブームを呼ぶきっかけとなった雑誌として広く注目を浴びるようになりました。
さらに2004年5月号より、創刊20周年として、リニューアルし、現在は「フローリストへの提案」となるデザインやアレンジ、ギフト、ディスプレイなどを軸に、イベント、季節の行事などにも注目している、「花のビジネスとアート」誌となりました。
 
あの花屋さんが、愛される理由。
 
お花通の著名人が、足繁く通うお花屋さん。
どんな時に花を買い、どうしてそのお店を愛するのか。そのお店が選ばれる理由
を検証。作家、料理家、デザイナー、会社員、スタイリスト、ネイリストなど、
様々な仕事に就く方々の御用達のお花屋さんが、愛される秘密とは。
 
--------------
◇Feature01
愛されるお店 × おすすめする人
 
1.ル・ベスベ(東京都港区)×松浦弥太郎(文筆家)
2.Florist IGUSA(東京都渋谷区)×酒井順子(エッセイスト)
3.BAIAN(京都府中京区)×谷川 幸(テキスタイルデザイナー)
4.庭の花束(東京都世田谷区)×ラ・クレモンティーヌ(フランス料理店)
5.blue water flowers(東京都杉並区)×小林由紀(「小説新潮」編集者)
6.明るい部屋(東京都品川区)×坂本祥子(スタイリスト)
7.たくさんのお花屋さん×斎藤由香(会社員・エッセイスト)
8.キューピットハート「アリエル」(神奈川県川崎市)×太田光代(芸能事務
所代表取締役)
9.FUGA(東京都渋谷区)×渡邉季穂(ネイルアーティスト)
10.青山フラワーマーケット×ウー・ウェン(料理研究家)
 
◇Feature02
花のオンラインショップ活用術
泉 京鹿(翻訳家)/村上信夫(NHKアナウンサー)
 
◇Feature03
もっと知りたい! 著名人に聞くアンケート
 
◇Feature04
花のリテラシー・スペシャル対談
「花の需要って?いまどんな状況なのか。」
マツヤママコト×佐分利応貴(農水省花卉対策室長)
 
--------------
特別企画
ノルウェイのお花屋さんを訪ねて
 
北欧の国、ノルウェイのお洒落で魅力的なお花屋さんをピックアップ。
ナチュラルだけれど、すべてが素敵。
そんなノルウェイのお花屋さんを誌面上で旅するような、特別企画。

posted by 花 at 00:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。