2011年01月23日

フローリスト......球根アレンジ商品提案

フローリスト
□ 2011/01/08発売号



●「フローリスト」は、1984年に創刊され、花にたずさわる人、花に関する仕事を目指す人、一般の花が好きな人に購読されている全国販売の月刊誌です。創刊当時は花の生産、販売、デザインまでトータルに捉える雑誌でしたが、その後フラワーアレンジメントのブームを呼ぶきっかけとなった雑誌として広く注目を浴びるようになりました。さらに2004年5月号より、創刊20周年として、リニューアルし、現在は「フローリストへの提案」となるデザインやアレンジ、ギフト、ディスプレイなどを軸に、イベント、季節の行事などにも注目している、「花のビジネスとアート」誌となりました。
 
ある時代から、ホームセンター、ガーデンセンターの台頭で球根がお花屋さんから消えた!? 様々な理由から、いつしか、なんだか「アウトドア」「ガーデン」一辺倒となってしまった球根。
しかし最近、新ブランドが立ち上がったり、インドア用のインテリアとしての花芽付き球根のアレンジが動きを見せたりと、にわかに人気を博している。
お花屋さんがどのような商品にしたら売れるのか? 黒いビニールポットのままの販売ではなく、ちょっとした一工夫、一手間を加えるアイデア集とその作り方など。フローリスト・デザイナーの春らしいアレンジ作例も。
監修:IBCオランダ国際球根協会

--------------
CAPTER 1
球根アレンジ商品提案

実力派フローリスト・デザイナーが提案する、球根を使ったアレンジメントを紹
介。スタイリッシュなものから春にぴったりのウキウキするものまでバラエティ
豊かなラインナップ。

制作デザイナー
GINGKO Florist Mari Yamaoka(東京都目黒区三田)
Stella(東京都渋谷区西原)
花如菴(東京都町田市玉川学園)
NARUSE FLORIST(東京都渋谷区渋谷)
NOV・minamiaoyama(東京都港区青山)
BALANCE(神奈川県横浜市福富町)
FLORIST Allure(神奈川県横浜市緑区)
Flowershop Hakarame(神奈川県横浜市港南区)
Florist ITO(東京都目黒区上目黒)
Bear(東京都杉並区方南)

--------------
CAPTER 2
花芽付き球根「インドア・ギフト」のロジック。
解説/レン・オークメイド、かねとういさお

花芽付き球根アレンジを楽しんでもらうために必要なお花屋さんの店頭プレゼンテーション。ギフトとしていかに楽しく魅力ある素材として見せられるかを分かりやすく解説する。

--------------
CAPTER 3
球根スタイリングワーク

ヨーロッパの一大球根生産拠点であるオランダでは、生産者の出荷の段階で、デザインプロデュースにフローリストの意見を採り入れ、インドア・インテリア用の花芽付き球根を作り上げている。
それらがお花屋さんの手を経てどのようなスタイリングをされるのか。インテリアにあわせた球根コーディネートをご紹介。

--------------
Special 2
第二特集:プリザーブドフラワー新商品、開発計画

商品としても売れ筋となりつつあるプリザーブドフラワー。いま、出回っている
プリの商品に、さらなる新しい工夫を人気店、デザイナーが提案。それぞれの売れ筋の価格帯での商品開発やホワイトデーの新商品など。

ベルフルール銀座(東京都中央区銀座)
小田急フローリストDelicious(東京都新宿区)
PHOENIX(大阪府大阪市)
Flower Shop YAMA(神奈川県川崎市多摩区)
Magnolia(東京都)


posted by 花 at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

フローリスト.......枝物テクニック集------実用性100%!基礎から応用まで

フローリスト
□ 2010/12/08発売号


お正月を迎えるにあたって、使用頻度が増えていく枝物。
枝物を扱う上で、最も気を遣う「枝取り」のテクニックを実用的に紹介する。道具から水あげなどの基本から、作品制作の幅が広がりそうな応用テクニックまで枝物の扱いを極めるための情報満載。
 
--------------
CAPTER 1
実用性100%!基礎から応用まで
枝物テクニック集
 
枝物を見せ方によって「ラインで使う」「面で使う」「オブジェ的に使う」とカテゴライズし、それぞれ作例を見ながら枝取りを図解。
そのほか切り分け方、留め方、矯め方、枝が折れたときの対処法や、枝がないところに枝を作るテクニックまで、様々な枝物の扱い方について解説する。 制作・監修/永塚慎一
 
--------------
CAPTER 2
フローリスト&デザイナーによる「枝物」作品。
 
CAPTER 1で解説したカテゴライズに基づき制作した作品を掲載。枝物ならではの迫力ある作品から個性的なアイデア作までを、制作のポイントを含めて紹介する。
 
<制作フローリスト>
・野崎伊佐夫(はなっ葉)東京都世田谷区
・濱中喜弘(マミフラワーデザイン)東京都大田区大森
・日向雄一郎(いけばな 草月会)神奈川県横浜市
・中村有孝(草花時ききゅう)大分県湯布院
・永塚慎一(大和生花店)神奈川県横浜市
 
--------------
◇Close up
ノルウェーのお花屋さんを訪ねて(2)
 
人気企画の第二弾。
モダンでお洒落なノルウェーのフラワーショップを美しい写真とともに紹介。アイデアやインスピレーションの素になりそうな、さりげない小物使いやスタイリングが盛りだくさん。
 
--------------
◇Others
松田隆作個展
空気のカタチ ムーン&シャドウ
 
タイの花、今どき事情
 
第7回 国際フラワーEXPO IFEX2010


posted by 花 at 15:49| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。